前へ
次へ

肩こりの原因の一つはストレスになる

大人になってから肩こりを感じるようになった人は少なくないはずです。大人が肩こりになる原因は様々ですが、一つはストレスになると言えます。人間はストレスを感じることで、血行が悪くなる可能性があります。なぜ血行が悪くなるかといえば、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるからです。基本的に人間は二つの自律神経のバランスによって出来ています。それが交感神経と副交感神経です。交感神経は緊張している場面で使う神経で一方副交感神経が緊張がほぐれている状態の神経です。例えば朝起きて会社に行き家に帰って来るまでの間は交感神経がはたらいています。もちろん途中で仕事を抜け出してカフェでお茶をする場合はどちらかといえば副交感神経の方が働いているかもしれません。ただ外にいる時の多くは交感神経がはたらいていると考えてよいです。超連帯して自宅にいるときはリラックスをしているため副交感神経がはたらいている状態です。ですがストレスなどをためてしまい自宅にいてもリラックスできない場合は交感神経の方が働く可能性が高くなります。そうすると二つの神経のバランスが崩れてしまい、これがストレスの原因になるわけです。ストレスがたまることにより、血行が悪くなりそれが肩こりを引き起こすと考えられています。そうだとすれば、可能な限りストレスをなくすことが悩みを解決する第一歩になることが理解できるはずです。ストレスをなくすことは実際にはできませんが、うまくかわすことは可能になります。それはあまり期待を過ぎないことです。人に対して何かを期待するときには、期待度が高まる分裏切られたときにストレスがたまりやすくなります。これはもう少し広い意味で言えばあらゆるものに期待をしているとストレスがたまることになりえるでしょう。例えば仕事に掲示が上がることができるかどうかの部分で考えれば、定時に上がることを期待しすぎると残業になってしまった場合一気にストレスがたまることになりかねません。可能な限り期待値を下げることで、悩みの原因がなくなってきます。

妊娠にアプローチできるこまえクリニックがしっかりお伝えします

35歳以上の方の妊娠実績も豊富
年齢で諦めないでください。
まずは大竹整体院にお電話ください

Page Top